2018 / 3 / 26 / Mon.トレンド

ラグジュアリーなホテルから
街のカフェまで。バラエティ豊かな
香港のアフタヌーンティー

イギリス統治時代に広まったアフタヌーンティーが、午後のラグジュアリーなひとときとして定着している香港。 近年は老舗ホテルの伝統的なイギリス式に加え、個性的なアフタヌーンティーを提供する飲食店が増えてきました。ホテルでは人気ブランドとのコラボレーションが行われたり、カフェでは手ごろな価格とインスタ映えするユニークなコンセプトで提供されたりと、華やかな動きに目が離せません。そこで魅力的なスイーツに出会える香港のアフタヌーンティー事情の今をご紹介します。

ホテルの優雅なアフタヌーンティー

① ザ・ペニンシュラ香港 ザ・ロビー

ペニンシュラの象徴「ザ・ロビー」。その古き良きコロニアル調の雰囲気の中でいただく「ザ・ペニンシュラクラシックアフタヌーンティー」は格別です。1928年の開業以来、3段のシルバースタンドにフィンガーサンドイッチ、プチフール、自家製スコーンといった伝統的なスタイルを変わらず提供し続け、香港のアフタヌーンティーブームの火付け役の人気に衰えがありません。「ザ・ペニンシュラティーコレクション」を含むドリンク類だけでなく、ペニンシュラオリジナルのグラスシャンパンもプラスできて優雅なお茶の時間を過ごせます。

  • スポットザ・ペニンシュラ香港 「ザ・ロビー」
    The Peninsula Hong Kong The Lobby
  • 住所尖沙咀梳士巴利道、九龍Salisbury Road, Kowloon
  • 最寄駅MTR尖沙咀駅E出口より徒歩1分
  • 電話番号2696-6772
  • 営業時間7:30~24:00(日~木)、7:00~25:00(金・土)
  • アフタヌーン
    ティー提供時間
    11:30〜14:30

② インターコンチネンタル香港 ロビーラウンジ

ビクトリア・ハーバーを隔て香港島の風景が見渡せるインターコンチネンタル香港の「ロビーラウンジ」。香港を代表する夜景の名所のひとつであり、風水を強く意識し設計されたホテルのいわば開運ラウンジのハイセンスなアフタヌーンティーは常に注目の的です。近年は人気ブランド『上海灘』や韓国高級コスメ『The history of 后(ドフー)』、歌姫・マドンナがプロデュースするスキンケアブランド『MDNA SKIN』とのコラボなどを期間限定で次々に開催。お土産にもなるコスメ付きの特典もファンを飽きさせません。

  • スポットインターコンチネンタル香港 「ロビーラウンジ」
    InterContinental Hong Kong LOBBY LOUNG
  • 住所尖沙咀梳士巴利道18號、九龍
    18 Salisbury Rd, Tsim Sha Tsui
  • 最寄駅MTR尖沙咀駅F出口より徒歩4分
  • 電話番号2313-2323
  • 営業時間8:00~25:30
  • アフタヌーン
    ティー提供時間
    14:00~18:00

③ ケリーホテル香港 ロビーラウンジ

2017年4月にオープンしたケリーホテル香港。その1階、庭園に面した吹き抜けの「ロビーラウンジ」では、パティスリーシェフのジュリアン・グルメロンによる革新的なアフタヌーンティーを提供中。茶盤を箱庭のようにした「3:15PM GOURMET TEA SET」では添えられた火鉢の中にドライアイスを仕込み煙のサプライズを演出。また茶餐廳で味わうような香港のカジュアルフードや香港式ミルクティー(奶茶)、コーヒーと紅茶をミックスしたインヨン茶(鴛鴦茶)、ブラックカラントのジュース「ライビーナ(利賓納)」がホテルスタイルで味わえるのも魅力です。

  • スポットケリーホテル香港 「ロビーラウンジ」
    Kerry Hotel Hong Kong Lobby Lounge
  • 住所紅磡灣紅鸞道38號、九龍
    38 Hung Luen Road, Hung Hom Bay, Kowloon
  • 最寄駅MTR黄埔駅 B出口より徒歩5分
  • 電話番号2252-5237
  • 営業時間8:00~24:00
  • アフタヌーン
    ティー提供時間
    14:30 ~17:30

一方、街のカフェのアフタヌーンティーも世界観やアイディアでは負けていません。気軽に立ち寄りやすいのも嬉しいですね。

カフェの創造的なアフタヌーンティー

④ DK Cuppa Tea上環新店

ベテランアロマセラピスト、キャット・レイさんが提唱するのは五感にアプローチする"アロマ"なティースタイル。入店すると、まずはアロママッサージオイルやパフュームによる香りでお客様の気分をリラックスさせる癒しのときが提供され、気持ちがほぐれたところでティータイムのおもてなしを受けることができます。フルーツやハーブを使ったスイーツにも最上質な食用エッセンシャルオイルを使用し、まさに食べるアロマセラピー。妖精や花々などに彩られたアフタヌーンティーセットはファンタジックな世界感でビジュアルにも癒やしが盛り込まれています。

  • スポットDK Cuppa Tea 上環新店
    DK Cuppa Tea Sheung Wan
  • 住所上環新街市街19號地鋪、香港
    19 New Market St, Sheung Wan
  • 最寄駅MTR上環駅 E出口より徒歩6分
  • 電話番号2386-3588
  • 営業時間11:30~20:30
  • アフタヌーン
    ティー提供時間
    12:00~20:30(ラストオーダー18:30)

⑤ ZUC.CCH.ERO

店舗コンセプトは「料理の魔術師」のための実験室。お皿の上に斬新なデザートをデコレーションすることで注目を集めているカフェです。
こちらで楽しめるのは五角形のトレイを組み合わせた「ルナ・ティー・パーティー(Luna tea party)」という名のアフタヌーンティーです。さらにスモークが吹き出す富士山、綿あめの桜の木、りんごをかたどった飴細工など、アート作品のようなスイーツも見逃せません。バーも兼ねているのでカクテルやクラフトビールを加えて大人のアフタヌーンティーも楽しめます。アフタヌーンティーセット以外のスイーツは23時のオーダーストップまで注文可能です。

  • スポットZUC.CCH.ERO
  • 住所銅鑼灣耀華街3號百樂中心18樓1802-3室、香港
    1802-3 Bartlock Centre, No.3 Yiu Wa Street, Causeway Bay
  • 最寄駅MTR銅鑼灣駅 F2出口より徒歩6分
  • 電話番号3427-9828
  • 営業時間14:30~23:30、火曜定休日
  • アフタヌーン
    ティー提供時間
    14:30〜18:00

季節感を取り込んで美しく変化する香港のアフタヌーンティーは、それぞれのパティシエのセンスと才能も映し出し、飽きさせることを知りません。そして一度体験してみると香港で過ごす時間をより印象的にしてくれます。次の旅の目的のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

掲載情報は、2018年3月時点の内容です。
最新の営業情報等につきましては、各店舗の公式サイトやFacebookページなどでご確認ください。

Written by : Dear B, 編集部

Dear B,は日本人女性をグローバル基準へアップグレードする啓蒙型ライフスタイルウェブマガジンです。
マガジンは世界を飛び回るデジタルノマド"BRIDGED"という仮想アイコンの女性と世界中に居住する彼女の友人達(発信者)を中心に展開し、地球上で最もHOTなニュースやトレンドを配信しています。
http://english.cheerup.jp/dearb