2019 / 3 / 8 / Fri.香港迷のおすすめ

超級香港迷(スーパー・ホンコンマイ)の
みなさんをご紹介

「香港迷」は広東語で「香港ファン」「香港に夢中」を意味します。
香港政府観光局では、様々な分野で活躍している「香港迷」の皆さんを「超級香港迷」として公認し、香港の魅力を発信し、一人でも多くの「香港迷」を増やすために協力をして頂いています。

池上 千恵 (フリーライター)

出版社勤務を経て、約6年香港に居住。『香港路地的裏グルメ』 『香港 無問題』など複数の関連著書を持つ。2018年12月には絶景ポイントをガイドする『香港癒やしの半日旅』を出版。現在はこまめな訪港で生活感や身近な自然を探求し、雑誌・ウェブを中心に活動中。

ブログ:香港*芝麻緑豆:http://edokomomo.exblog.jp/
Instagrm:https://www.instagram.com/chieeikegamieee

伊藤 修子 (女優)

ドラマや映画、舞台で活躍。
趣味は編物、喫茶店巡り、香港映画の観賞など。香港映画や音楽がきっかけで香港にハマる。香港旅はもっぱらひとりで、DVD や CD のショップをまわるほか、香港雑貨を集める。SNS でのマニアックな香港関連の投稿が香港迷の間で話題に。

https://twitter.com/ito_shuko
https://www.instagram.com/itoshuko/?hl=ja

オカモト"MOBY"タクヤ (SCOOBIE DO ドラマー)

ファンクバンド、SCOOBIE DO のドラムを担当。
2006年に初めて香港に旅行してシャコの美味しさに感動し、香港迷への道へ。渡航回数は15回(2019年1月現在)、自身初のフルマラソンは香港マラソン。

Twitter:https://twitter.com/moby_scoobie_do
Instagram:https://www.instagram.com/moby_scoobiedo/

小野寺 光子 (イラストレーター)

旅先で見た街並みや暮らしをユーモラスで繊細なタッチで描く。『香港路地的裏グルメ』(世界文化社刊) 『香港トラムでぶらり女子旅』(ダイヤモンドビッグ社)他旅関連の挿画や著作の出版物多数。季節ごとに香港に通っては、見たもの・感じたことを描き、香港・日本でイラスト展を開催している。

http://kadoorie-ave.tumblr.com

清水 真理子 (フリーライター)

新聞社勤務を経て2006年より5年間、香港で情報誌の編集長 を務める。現在はフリーランスとして総合情報サイト「All About」 のほか、多メディアにて香港の情報を発信。著書に『HONG KONG 24 hours』(ダイヤモンド社)、『香港行ったらこれ食べよう!』(誠文堂新光社)がある。

https://www.instagram.com/marcorosso/
https://allabout.co.jp/gm/gp/1415/

永田 幸子 (写真家)

1993年より香港・マカオをテーマに作品を発表している写真家。
人々の暮らしや風景を女性ならではの視点で撮り続ける。著書に「香港トラムでぶらり女子旅」「香港路面電車の走る街」など。ガイドブックなどでも活躍中。

https://www.instagram.com/sachikonagata8500/

福井 由美子 (株式会社集英社 ひとりっP)

元SPUR編集長。女性のひとり旅を「ひとりっぷ」と名付けて応援中の編集者。女子ひとり旅指南本『今日も世界のどこかでひとりっぷ』『明日も世界のどこかでひとりっぷ2』(集英社刊)を執筆&撮影。会社員にもかかわらず海外ひとりっぷ回数約400回。うち150回以上が香港。*ひとりっぷ®は(株)集英社の登録商標です

https://spur.hpplus.jp/culture/hitrip/

※50音順。掲載情報は、2019年3月時点の内容です。