Hong Kong Asia's World City

夜食

夜食

香港では、「何を」「どこで」食べるかだけが焦点となるとは限りません。エネルギッシュな食文化を体感するには、「いつ」食べるかも考慮に入れるべきです。中国南部が夜も眠らないのは、日中が多湿で暑いから。一方、この気候は、香港の夜型の美食家たちに好まれる要素の1つでもあります。夜も活気があり、遅くまで働くという勤勉な地域性も手伝っているといえます。

理由がどうあれ、香港式腹時計に慣れて食事の時間を遅くすれば、香港の味の真髄を少しかじれるかもしれません。

注文すべきものは?

伝統的な屋台ダイパイドンからホテル内のビュッフェまで、あらゆる種類の食と深夜に出会えます。夜食の定番としては潮州ダラン、中華風デザート、鍋料理、麺類と粥があり、これらを供するお店は夜型人間でひしめいていることでしょう。

潮州ダラン

広東省から香港に移住した潮州地方の人々を潮州人と呼びます。潮州料理、特にダランなる深夜の屋台料理は、香港で人気を集めています。比較的塩辛い料理で、潮州ダランは冷えたビールと好相性です。

潮州ダラン

香港デザート

深夜のチョコレート菓子的なダイエッター泣かせのスイーツとは一線を画す香港デザートについてご紹介しましょう。発祥の地・香港と同様に多種多彩な香港デザートは中国と東南アジアのスイーツのミックスで、洋菓子より軽めです。定番の材料として、小豆、餅粉、豆腐、そして様々なトロピカルフルーツが挙げられます。

香港デザート

火鍋

火鍋を食べる際は、各自で鍋つゆに肉、魚介類、野菜を入れるのがルールですが、中華の火鍋にはありとあらゆる形態があります。それでもなお、火鍋は友と共に寒い冬の晩にビール片手に囲む、ほっこりした飾り気のない定番なのです。

火鍋

麺類と粥

麺類、そして米の粥は大概、セットでてがける深夜営業店が多数あります。粥は、シンプルなでんぷん状のものから肉・野菜が入った軽めのものがあります。粥に具材を入れて煮込む鍋料理というのも存在します。

 

麺類と粥