Hong Kong Asia's World City

フュージョン

フュージョン

揺籃期から文化の十字路だった香港。この地の台所は、様々な国・地域の味のるつぼであるのもごく当然のことです。植民地時代には中国全土から人が集まるとともに、各地の郷土食が持ち込まれ、香港で交じり合いました。その後、中国の料理人が洋食にしょうゆを使うようになり、Soy Sauce Westernなるジャンルが誕生し、ここから更に新機軸が多く派生しました。街角の屋台から創作的なシェフのシンプルな一皿まで、アジアにおける料理の中心地が誕生するに至ったのです。

注文すべきものは?

香港にはあらゆる価格帯のレストランでフュージョン料理が展開されています―フュージョン専門店ではなくても、様々なジャンルをブレンドした料理が供されることもあります。選りすぐりのレストランは、こちら!

スイス・ソースの牛肉炒め入り焼きそば

「スイス」とは甘くしたしょうゆのことです。客が「スイート」を「スイス」と聞き間違えたのがそのまま定着したらしいのですが、スイスとは何ら関係のないソースです。

料理コラムニストでラジオ司会のマイケル・ラムのおすすめです。

スイス・ソースの牛肉炒め入り焼きそば